• トップ /
  • 葬儀の場所を考えてみる

場所も重要になるのが葬儀です

葬儀を行うときは、まず突然に訪れるということです。家族の死を迎えてから、時をおかずにすぐに準備を迫られます。そんなときに、戸惑うのは当然ですが、葬儀をすることは決まっています。一番にやるべきことは、その場所をどこにするかです。故人に縁がある場所や、交通手段が便利な場所がお勧めできます。葬儀の場合は、その当日だけでなく通夜や打ち合わせなどで家族なら何度か足を運ぶことになります。それならば、参列者もわかりやすい駅から近い場所などがお勧めです。最寄り駅から、歩いていける会場なら初めて訪れるところでも迷うことなく行くことができまた、参列者への説明もしやすくなります。お勧めの理由は、他にもあります。式に来て頂く僧侶にも、便利だということです。葬儀には、家族以外にも故人の関係者が多く来られることがあります。わかりやすいと言う、キーワードは極めて便利な部分です。人生の中で、いつかは主催する側になります。そのときに慌てないようにまた生前から、家族の意見を聞いておくと役立ちます。場所をあらかじめ決めてあると、後の葬儀はスムーズにいきます。家族の死は、とても悲しい出来事ですがその状況でも、後悔しない送り方ができるようにしたいものです。

葬儀の基礎情報

↑PAGE TOP