• トップ /
  • 葬儀にお勧めの装花を知りたい

葬儀にお勧めの装花の選び方

葬儀に必要になる装花にはお勧めの種類があります。以前は菊が多く使用されていましたが、最近は白をメインとした洋花を利用するケースが増えています。宗教によって選び方が異なるので注意が必要です。仏式の場合は祭壇の周りとお棺にいれる物が必要になります。キリスト教だと祭壇の周りと、周りに置くアレンジメントがいくつか用意するケースが多いです。キリスト教の場合は百合の花や洋花を使用するケースが多いです。その他に参列者に渡す献花用の物が必要になります。神道の場合は祭壇の周りに用意をするのと、その他に必要な大榊や玉串など儀式に必要な物を用意します。葬儀にお勧めの装花は故人の生前の希望をとりいれたお花を用意する事が大切です。以前ほど白一色でないといけないなどの決まりがなくなっています。ピンク系の花を混ぜるなど故人の好みをとりいれるケースが増えています。葬儀にお勧めの装花は予算を花屋に伝えて無理のない金額で用意をする事が大切です。会場の大きさにあわせて花の量を調節する事がポイントになります。花屋に葬儀のお勧めの装花を相談して選んだり、お花をメインにした祭壇にするのかそれとも控えめにするのかによって選び方が変わります。

葬儀の基礎情報

↑PAGE TOP