葬儀は費用に応じて選択できます

昔から、葬儀の費用は高いものだと言われてきました。近年、不明朗であった料金も明朗化と低減傾向が進んできましたが、まだまだ従来の一般的な葬儀費用は高いのが現実です。しかし、最近では見栄を張る必要はないと言う考え方が浸透し、実質面を重視し家族葬を営む人も増えています。従って、費用に応じて葬儀の種類を選択できる時代になったとも言えるでしょう。150万円から200万円の出費が可能なら、祭壇等にもよりますが、従来の一般的なスタイルがお勧めです。100万円前後なら、人数にもよりますが、家族葬やそれに準ずる一般的な葬儀が可能です。また、家族葬でも通夜を営まない1日葬なら数十万円で可能で、費用を抑えたい方にはお勧めの方法と言えます。また、葬儀会館等を借りずに、ご遺体を直接斎場に運び、そこでお経を上げてもらう直葬なら、非常に安く済ませる事も可能です。しかし、一般的には直葬は少し寂しすぎるため、家族葬を営まれるケースが多くなっており、専用の会館も増え続けています。さらに、ごく身内のみで営むなら、お寺さんを呼ばずに、読経をテープ等で済ませれば、お寺さんへのお布施を節約する事もでき、費用を抑えた家族葬を営みたいと考える方にはお勧めです。どの様な方式を選んでも、まずは故人を悼む気持ちが大切で、自分達の気持ちと予算に応じて最適な方式を選択すれば良いでしょう。

葬儀の基礎情報

新着情報

↑PAGE TOP